婚約指輪で分かる愛の深さ~指から溢れる幸せ~

指輪

意味と価格を知る

婚約指輪の意味と平均価格とは

結婚指輪

婚約指輪とは別名エンゲージリングと呼ばれていて、婚約指輪とは男性が女性に永遠の愛を誓ったときに渡すものです。つまりは結婚が決まった記念に渡すのです。婚約指輪は女性の憧れです。近年ではいらないという人も増えていますがどんなに小さいものでも贈ると喜ばれます。 ではどのようなものがよいのでしょう。よくお給料の3ヶ月分のものと言われていますが、これは1970年代にジュエリー業界が打ち出したものなのです。現代では30万から40万のものが主流となっていて、中でも10万以下という人も少なくはないのです。 小箱を開けてのサプライズもよくありますが、女性はダイエットなどで急にサイズがかわることもあります。また一生のものなので好みもあります。婚約指輪は高価な買い物になるので失敗しないためにも、きちんと話し合ったり、一緒に見に行くのもお薦めです。

婚約指輪の金額の動向

婚約指輪の金額の動向というのは、はっきりとしています。それはバブル以降には下降気味です。 逆を言えば、バブルのときに最盛期であった、ということでもあります。何しろ、相当儲けていた時代ですから、そのときに給料の三か月分が最低限、という慣習が出来たのです。 しかし、最近の婚約指輪はそうした明らかに生活を圧迫するような金額は避けようとしている人か増えているのです。何故ならば、そうすることによって、結婚生活のほうにお金を使えるからです。堅実思考になっているわけです。 ちなみにそれでも婚約指輪はダイヤモンドが一番人気であり、これは変わらない事です。婚約指輪はゴールドではなく、やはりダイヤモンドがよく売れます。